FC2ブログ
■文学

■鶴見線と京浜工業地帯(6)

鶴見小野から扇町までの間は、殊のほか短く感じられた。それが今日これまでで一番長い乗車距離だったのにも関わらずである。なぜか。それは見所が多すぎたからだ。

列車は工場地帯の中央を突き進む。日曜日でガラガラに空いる車内からは、窓を通して私の両脇にそれらの構造物が見える。それぞれの工場は敷地も建物も大きい。しかしながら、写真に収めるポイントは限られてくる。

こちらとしては建物をフレームいっぱいに映したい。そのため、どこが最適なパースペクティブか探るわけだが、通過するのは一度きり。しかも列車は容赦なく飛ばしている。とても初見でタイミングを取れるような状況ではない。

被写体となる工場が見えたと思ったら、雑木や別の建物に視界を阻まれて、そのうち反対側にはちがう被写体が見え出す、といった具合だ。工場,倉庫,煙突,砂山,クレーン,パイプ,貨車,大型トラック,運河,タンク,サイロ,橋脚,使途不明の機械群。そういったものが次々と通り過ぎていった。その度に私は車内を右往左往した。

遠くに銀光りするパイプで構成された高い構造物がひときわ目立って見えたと思ったら、ほどなく車内アナウンスが流れ出して、終着の扇町駅に到着することを告げられた。その前にも何度か駅で停まっていたが、それがどの駅なのか全く覚えていなかった。

列車は車止めのあるホームにゆっくりと入線した。隣には、貨車が走るための線路が並んでいて、駅を通り過ぎて続いていた。恐らく海際の岸壁まで続くのだろう。終点が海の線路には、何か感慨深いものがある。

列車から降りると、それまでのせわしなさが嘘のようにゆっくりと時間が流れていた。ホームには猫がいて、他の女性客からかわいがられていた。改札方面に進むと、さらに2,3匹の猫がいた。彼らは静かな午後の光に照らされながら、眠ったり、餌を食べたり、物憂げに歩いたりしていた。

■鶴見線と京浜工業地帯(5)

海芝浦行きの列車に乗ってすぐ、海が進行方向の左手をたゆたっていた。海といっても埋立地に囲まれた京浜運河で、広漠で遠望できるようなものではない。すぐ向こう岸には工場や倉庫、ガスタンクといった構造物が足早に通り過ぎていった。枝分かれした運河の先も同じような風景だった。右手にも工場、倉庫が連なっていたが、同時に両方見ることができないため齷齪した。ああそうだ、どうせ同じ線を戻るのだから帰りに写せばいいのだと思った。
新芝浦駅に停車したとき、何人か下車する人がいた。僕は、どうせすぐ発車するし、これを逃すと目的地まで歩かなければならないどころか、途中から東芝の敷地内になるため、海芝浦駅にはたどり着けないことになってしまうし、次の列車が来るには1時間も待たなければならないから、降りずに車内から写真を撮るしかなかった。海に近いという意味で有名なところであるが、だからといって何かエキサイティングだというわけではない。もちろん、珍しさからくる非日常性には、何か旅情のようなものがあった。
列車は右に大きくカーブした。ということはつまり、埋立地の角を曲がったということだ。すると、列車の左側の窓は東京湾側を向き、一気に遠望が広がった。霞がかかって遠くが薄れて見えた。石油と書かれた大きなタンク、鶴見つばさ橋などがその先に良く見えた。
そして海芝浦駅に到着した。列車からは降りれるが、この駅から外には出られない。そこは東芝の私有地だ。東芝の前身の一つである芝浦製作所が駅名の由来だ。また、芝浦製作所はいわゆる東芝の重電機工業部門となったのだから、セキュリティも厳重なはずである。もちろん、この工場を見る限り、そこまで厳重ではないと思ったが、原発メーカーのウェスティングハウス買収などは、こちらの部門の話のはずだ。白物家電とは一線を画しているに違いない。
海芝浦駅には公園がある。列車が折り返して帰るまでの約20分間、小旅行者達が休めるように気を遣っているのだ。確かに、東芝の社員と思しき人の他に、家族連れが2組。カップルが2組。鉄っちゃんらしき若い男性が数人いて、ベンチに座って休んだり、海の風景などを写真に撮っていた。僕もお茶とパンを取り出して休憩を取った。
折り返し発車した列車で鶴見方面へ向かい、弁天橋駅で降りたが、意図していた扇町駅行きの列車への乗り換えは失敗した。こちらの列車のドアが開くより先にあちらが発車したのだ。仕方ない。次の列車まで40分。そのまま弁天橋駅の外を散策することにした。しかし駅の外には開いている商店は無いし、大した風景も無かった。旭硝子のものづくり研修センターが奇抜なデザインで目を惹いていたが、中に入れるわけでもなく、仕方なく駅構内のベンチに座って休むことにした。
すると草だらけの広い線路敷地内から白黒の小さな猫が出てきて、なにやら草むらで仕事をしているようだった。じっとしていたと思ったら歩き出したり、座り込んだりしていた。うちにも猫がいるが、何をどう考えて生きているのかさっぱり分からない。ただ、どことなく意思が通じることがあるだけだ。しばらくすると白黒の猫は草間の奥へ隠れてしまって見えなくなった。ホームを見ると雀が近寄ってきた。ここまで近づくのは最近珍しいと思った。雀も地域によってはいじめられているらしく、人間から遠ざかっている場合が多い。彼らは食べ物をねだって近づいているのだと思うが、あいにくさっき食べたパンの袋にかすかにクズが残っているだけだった。袋を逆さにしてそのクズをホームのコンクリートに落とした。雀はそれに気づかなかったようだが、あとで食べたかもしれない。
一方僕は反対方面行きの列車に乗って、鶴見小野へ向かった。次の扇町行きが来るまで一つ前の駅を散策しようとしたのだ。
鶴見小野駅の周りは住宅街だった。さして面白い風景があるわけではなかったが、それでも途中に見えた列車の車庫を見ようと思って、10分ほど当てずっぽうに歩いてみた。バス通りの近く、踏み切りあたりに車庫はあったが、遠くてうまい写真は撮れなかった。それより近道と思って歩いた道すがらのガード下に野良猫がいた。この工業地帯の周辺の趨勢を映し出したかのようなくたびれた猫だった。となりの町工場に養われているらしく、その中には親猫と子猫が一緒に寝ていた。ところが、薄暗いガード下の公園から牛舎のような悪臭がすることに気が付いて、僕はすぐに立ち去りたくなった。また、次の列車を逃すわけにはいかず、小走りに駅まで戻った。駅のホームにはすでに何人かの若者が列車を待っていた。

この先、工業地帯がクライマックスに近づくはずだ。

■蝶蝶6

僕はだんだん飛ぶのがおっくうになってきた。
みつの味もおいしくなくなった。
ある夜、白い月を見上げると彼がそこに飛んでいるような気がした。

「やあ」彼が話しかけてきた。
「飛べるかい?」

僕は月まで飛べるなんて思えなかった。でもフワリと身体が浮き上がった。どんどんウチが小さくなっていった。

「彼女・・・」

僕が気になって振り返ると、彼女もそばについてきていた。もうさびしくない。
ずーとずっと昇っているうちに、僕たちは白い月の光に重なって一緒に夜空を照らしていた。

■蝶蝶5

卵が産まれたあと僕と彼女は幸せに暮らしていた。
子供はイモムシになるとたくさん葉っぱを食べるので忙しかった。
サナギになるとアリを追い払うのに忙しかった。
ある夜、子供はサナギを破ってちょうちょになった。
真っ白い羽根のきれいなちょうちょだった。

僕はうれしくなってとなりの空き地に行って彼に話そうとした。
でも彼はなかなか見つからなかった。

さんざん探して休んでいると、彼の声が聞こえた気がした。振り向いて見ると、真っ白なオスのちょうちょが真っ赤な花の上にとまっていた。でもそれは彼の息子だった。

「僕がちょうちょになる晩に、父はアリと戦って死んだのです。僕はそのおかげで助かりました」

僕はがっかりした。
彼は彼の父親と同じように戦って死んだのだ。僕は彼を一度も助けてあげられなかった。
でも僕は気を取り直して言った。

「僕にも子供がいるんだ。こんどうちに遊びに来たらいい」

僕の息子と彼の息子は仲良くなった。そして2人とも立派な大人になって旅立っていった。
僕は彼に少し恩返しができた気がしていた。

■喋喋4

何日かあとに、僕が好きになった彼女の身体が今までと違っていくのが分かった。彼女は身体を重たそうにして、ときどき苦しんだ。でも僕は何をしたらいいか分からなかった。

「彼ならどうしたらいいか知っているかもしれない」

僕はそう思って探したけれど、空き地に彼はいなかった。となりの空き地にいるのだろうか。

僕は今までとなりの空き地へは行ったことはなかった。行くには大きな道路を飛び越えなければならないし、道路にはとまれる草はひとつもなくて、ギラギラ光る自動車が見たこともない速さで走っていた。それに僕はそんなに高く飛べないから、人間の子供につかまるかもしれなかった。

でも僕は思い切って飛んでみた。

自動車が右から左から向かってきて、僕は風にあおられてクルクル回った。方向が分からなくなって行ったり来たりした。だんだん目の前がかすんできたけれど、その先に黄色い菜の花が咲いているのが見えた。僕はその花をめがけて力をふりしぼった。

ようやく着いたとなりの空き地はすごく広かった。僕はこの中に彼がいるかどうか自信がなくなった。

「でもねぇ、この原っぱにはたくさんのちょうちょがいるからね」

他のちょうちょに聞いたみたけれど、彼がどこにいるか分からなかった。僕がとなりのひろい空き地を一周するころには、あたりは夕暮れになっていた。僕がもとの菜の花にとまって休んでいる時、となりの菜の花から声がした。

「やあ、君かい?あの子とはうまくいった?」

彼の声だった。彼は菜の花から身を乗り出してこっちを向いた。そして僕より早く質問した。

「いつだい、彼女・・」
「苦しんでるんだ」僕は遮る様に言った。
「そうか、じゃあ今日にでも産まれるよ」

そのとき初めて、僕は自分の不安な気持ちの意味が分かった。
「早く帰って見守ってあげることだよ」
「ありがとう」

道路の車はさっきよりも多くなっていた。でも僕は力がみなぎって、彼女のいる家へ迷いなく飛び立った。

「じゃあね」彼はそう言って佇んでいた。



■喋喋3

何日かあとに、また僕は自分の身体が今までと違ってゆくのが分かった。かたいカラの身体がやぶれて羽根が生えたのが分かった。いろいろなことを考えるようになった。

そして力をこめると、自分の身体が空へ浮き上がった。さっきまでいた草むらが見る見るまに小さくなっていった。僕は花から花へ飛びうつって蜜を吸った。

あるとき、隣の花から声がした。

「やあ、君かい?無事だったんだね」

声は変わっていたが、この前の彼に違いなかった。彼もちょうちょになって花の蜜を吸っていた。

「誰とだい君は」僕はまた彼の質問の意味が分からなかった。「えっと」僕がまごついていると彼は言い直した。

「そのさ、君の恋人はだれ?」

その言葉で初めて、僕はさっきから感じていたこの切ない気持ちの意味が分かった。

「いや、まだいないんだ」
「そうなんだ。君はいい女の子のちょうちょに出会えていないんだね。でも早く探さなきゃだめだよ」
「そうなの?よく分からなくて」
「ほらあそこの花にやさしそうな女の子がいる。声をかけてみたら?」

彼は少しはなれた花を見ながらそう言った。
僕もそちらを見ると、花の中にはかわいい女の子のちょうちょがいた。

「あの子は君にお似合いだよ」彼が言った。

女の子のちょうちょは、空からの光をいっぱいに羽根に浴びて、輝いて見えた。僕は切ない気持ちが大きくなって、しらないうちに彼女のほうへ飛び立っていた。

「じゃあね」彼はそう言って花の中に消えていった。

■喋喋2

何日かしてから、僕は自分の身体が今までと違っていくのが分かった。食欲もなくて、ただじっと身をすくめているのが楽だった。考えることすらおっくうだった。僕はすっかり変わった身体で、草の茎にしがみついて時間が過ぎるのを待っていた。すると、となりの草の葉の裏から声がした。

「やあ、君かい?このまえ会ったよね?」

声は変わっていたが、この前の彼だと思った。彼もすっかり変わった身体をして、草の茎にしがみついていた。

「いつだい、君は」

僕はやっぱり彼の質問の意味が分からなかった。「えっと」僕が考えていると、彼は言いなおした。

「そのさ、ちょうちょになるのはいつ?」

その言葉で初めて、僕は自分がちょうちょになることを知った。

「いや、その、わからないんだ」
「そうなんだ。君のまわりの人は不親切だね。その日までは物音立てずにジッとしていなくちゃならないんだよ」
「そうなんだ。でも何で?」

ほんとうに僕は何にも知らなかった。どうしてなんだろう。

「ほら、僕たちは今、動きが遅いからね。シッ静かに!アリが来た」

彼は下の地面を見ながら言った。僕もその方を見下げると、地面にはワラワラした黒い虫が歩いていた。

「あれ僕の父さんの仇さ」彼が言った。

黒い虫は、空からの光を鋭く輝かせながら草むらの奥へ行ってしまった。

「あれが彼の父さんの仇?何でだろう」

僕はむしょうに不安になって、さらに高い葉っぱの裏側に登った。

「じゃあね」

彼はそう言って葉っぱのあいだに消えていった。

■喋喋

気がつくと僕はイモムシになって草むらの中にいた。イモムシになる前はほかの何かだったけどまったく思い出せなかった。しばらくのあいだ周りの草むらを見上げていると、草と草のあいだから僕と同じ姿をしたイモムシが這い出てきた。

「やあ」

彼は親しげに言った。

「いつだい。君は」

僕は彼の質問の意味が分からなかった。あっけに取られて黙っていると、彼は言い直してくれた。

「そのさ、サナギになるのはいつ?」
「いや、その分からないんだ」
「そうなんだ。早く君の母さんに訊いた方がいいよ。その日までに若草をいっぱい食べておかなきゃならないからね」
「よく知らなくって」

ほんとうに僕はなにも知らなかった。

「ほら、そこにやわらかそうな葉っぱがある。君、食べたらどうだい」

彼は頭の上の小ぶりの草花を見ながらそう言った。僕がそちらを見上げてみると、空にはヒラヒラする白いものが飛んでいた。

「あれは僕の父さんだだよ」

彼が言った。白いものは空からの光をやわらかく反射しながら草むらの向こうへ行ってしまった。僕はさっきの葉っぱがむしょうに食べたくなってクキをよじ登った。

「じゃあね」

彼はそう言ってモゾモゾと草むらの中へ消えていった。

■鶴見線と京浜工業地帯(4)

国道駅でうろついていた時に、たまたま駅員がいたので次の電車の時間を聞いていた。目的地の海芝浦行きは一時間後。扇町行きが30分後だった。よく覚えているものだと感心したが、仕事とはそういうものだとも思った。

その到着の10分ほど前には駅まで戻った。すでに駅員の姿はなかった。どこに行ったのかは分からない。そこで改札を素通りして長い階段を上り、ホームのベンチに座りながら次の列車を待った。同じホームには中年の男性が二人いて、退屈そうに時間を潰していた。一人はホームの端に行き、なにやら高架下を眺めていた。一人は雑誌を読んでいた。列車はほどなく車体を傾けながらゆっくりと入線した。

この奇妙な旅の大きな目的のひとつは工業地帯を見ることだった。国道から鶴見小野までの区間は主に住宅だったので、落ち着いて座っていられた。しかしその先から次第に住宅の姿は無くなっていき、長くて高い塀、四角い大きな構造物が目立ちだした。工場群だ。視線が右に左に忙しく行き来しだした。

浅野駅は海芝浦支線が分岐する地点のため、線路と駅が三叉している珍しい駅だった。周りはすべて生活感の無い、非日常的な工業地帯の風景になっていた。乗っていた列車を見送って、時刻表を確認し、次の海芝浦行きが来るまでまた辺りを散策することにした。改札は無いため、気楽に出入りできた。あたかも田舎のローカル線の駅のようだった。

工業地帯と聞けば灰色の印象だと思う。しかしこの季節は線路にも草が生えているし、工場の敷地内も恐らく意識的に緑地化されている。しかもあまり手入れされていないせいで、むしろ鬱蒼とした森のようになって、敷地を侵食しているようだった。列車が過ぎると騒音も無く静かで、人里はなれた自然豊かな土地と言えないこともなかった。

線路を渡るとすぐいくつかの町工場が見えた。ひとつは特に古臭い建物だが、誰か物好きが買い取って洗練された意匠の新しいアクセサリーを施していた。電灯、梯子、螺旋階段、シルバーメタルのクラッシックカー、同じく銀色の列車の車両。確かに、古い建物は耐震強度に対する考え方が緩いため、窓が大きく開放的で、センスが良いものがある。工場のような構造物にもそういう場合がある。いい目の付け所だが、誰が何のためにこんなところでこんなことをしているか、聞く術は無かった。辺りに住んでいそうな人はいないのだ。

駅に戻ると雀が沢山いることに気づいた。声のするほうを見上げると、ホームの屋根の下に巣を作っていた。それらは身を寄せ合うように密集していた。カメラを向けて写真を撮ろうとしたが、どうしたことかみんな巣の中にもぐって顔を隠してしまった。不思議に思ったが、すぐ理由が分かった。列車が大きな音を立てて到着したのだ。これに乗って海芝浦へ向かった。

■鶴見線と京浜工業地帯(3)

次の列車が来るまで30分近くあり、時間をつぶさなければならない。そこで国道の反対側へ向かった。駅の高架下の数十メートルのスペースを抜けて線路づたいに進むと、視界の先にコンクリートの堤防が見えた。急勾配の堤防の階段を登るといっきに視界が開けた。
そこは鶴見川の河口付近だった。右手になる川下はぐんぐんと川幅を増していて、水が流れている様子はなく、海と一体化しているようだった。そしてその水面は、太陽光を反射してまぶしいほど輝いていた。川は緑がかった水色で、川底は見えなかったが少しだけ透明度があった。しかし魚は見えず、泳ぐものといえば浮遊する細かいゴミだけだった。河岸には小さな船が無数に停泊していて、先ほどの貸し船屋の船着場もあった。ここから釣り場へ漕ぎ出すのだろうが、日曜の昼に船があるということは、客足が途絶えているということだろう。
遠くを眺めながら何も考えずに佇んでいると、何かブツブツ言いながら老人が近づいてきた。すると彼は予想通りわたしに話掛けて来て、同じ事を繰り返しながら延々と続けだした。わたしは不機嫌そうな顔をしながら、階段を下りて老人を振り払った。すると老人は直ぐに近くにいた別の男性に大声で話し掛けだしていた。「89?あぁ89になったんだ!」

駅へ戻ろうとすると、民家の軒下に茶色く汚れたダルメシアンがいた。彼は無愛想に寝そべって、暑そうに舌を出していた。日が高くなった。まもなく正午のようだった。

プロフィール

永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

Author:永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

画家・永瀬宗彦の雑記帳です。

美術作品紹介→Homepage

詳細プロフィール→About.me

お問い合わせ→メール / Twitter / FB

検索フォーム