FC2ブログ

■ふうせん 第一部

経緯

私の作品に"message"というシリーズのイラストがあります。私には珍しいポップな作風で第1作から第6作まであります。第1作は、もともとは所属していた美術サークルの情宣用のハガキの絵柄でした。とても印象的なその構図は、外から差し込む白い日差しや、蛍光灯の光などが交錯している中から、ふと思い付きました。

翌年、そのデザインを書き直し、大学祭のポスターデザインのコンペティションに応募しました。もともと応募点数の少ないコンペティションなので、あっさり採用されました。

その時のポスターが、あとからガラス吹きの故 大野貢先生の目にとまりました。大野先生との出会いは、私が画業を続けるキッカケになりましたから、私にとってこの"message"は記念碑的な絵になりました。

このシリーズにはストーリーがあります。でも本文もセリフもありません。私は悪文家なので文章を添えるよりも、ぜんぶ絵にした方がいいと思っているからです。しかし、そうは言っても絵だけでうまくいくという自信もありません。2013年に人前に展示する機会を得ましたので、この際だから説明を書こうと思いました。

おおかた次のような筋書きです。

(今後大幅に改訂する可能性があります)

***********************************
ふうせん 第一部

小さい子が持っていた赤い風船が空へ飛んでいった。図■

それを見た通りすがりの人が風船を取り戻そうとした。図■

彼は腕をばたつかせて空を飛んだ。図■

彼はずっと高い空まで飛んでいった。

そして彼は赤い風船を一旦はつかんだ。図■

しかし彼は強くつかみすぎていた。

風船は「パン」と破裂した。図■

赤い風船のかけらは四分五裂して四方八方へ飛び散った。

彼は風船のかけらといっしょに地面に墜落した。

***

最初に風船を持っていた小さい子はもういなくなっていた。

だけど彼はふうせんを割ってしまったことを謝りたかった。

彼はお墓を立てて風船のかけらを埋葬した。

毎日そのお墓に水をかけていた。

春になってお墓の土から若芽が出てきた。

彼は嬉しくなってその若芽を大事に育てた。

若芽から赤いつぼみが出来た。

それは割れた風船と同じような赤色だった。

彼は赤い花が咲くことを楽しみにしていた。

ある日、赤いつぼみは無くなっていた。

彼はガッカリした。

そしてこう考えた。

「きっと赤いつぼみがふくらんで、赤い風船になって飛んでいったんだ。」

そう思って空を見上げたけれど、風船はもう空のどこにも見えなかった。

彼はそれでも追いかけた。

めくら滅法に行ったり来たり、上ったり下がったり、うら返したり、もとに戻したり。

ずいぶん長い間さがしていたけれど見つからなかった。

彼はさがし続けた。

あんまり長いあいだ飛び続けていたから、彼はそのうち鳥になって人間の心を失ってしまった。

赤いお花が大好きな鳥になって、春になるとうるさいくらいに囀った。

第一部おわり。

プロフィール

永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

Author:永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

画家・永瀬宗彦の雑記帳です。

美術作品紹介→Homepage

詳細プロフィール→About.me

お問い合わせ→メール / Twitter / FB

検索フォーム