FC2ブログ

■メモ:富士山、巨大地震でひび入れば噴火? 「マグマたまった風船のような状態」

 47ニュース 2013/07/17


富士山噴火想像図fujisanfunka世界文化遺産 の富士山は、巨大地震の強い力で内部にひびが入ると、そこから爆発的な噴火を起こしかねない状態だとする分析結果を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などのチームがまとめたことが16日分かった。

 直近の噴火は関東地方にも大量の灰を降らせた1707年の宝永噴火。チームは現在の富士山が、この噴火の直前と似た状況だと推定。約300年間マグマがたまり続けているとし、警戒を呼び掛けている。

 富士山の地下には、マグマが通った後に冷えて固まってできた硬い岩脈が多数走っている。たまったマグマやガスが閉じ込められた風船のような状態といい、地震による地殻変動で岩脈に隙間ができると、一気に噴出するかもしれないとしている。

 富士山は過去にさまざまな場所から噴火しているが、チームはこうした噴出口(割れ目)を、航空写真や現地調査で詳しく調査。1万年前の噴火から、宝永噴火に至るまでの経緯を分析した。

 それによると、繰り返し起きた噴火により、宝永噴火の前までに、山体には多数の岩脈が走り、これがマグマの上昇を妨げていた。

 宝永噴火は、1703年と07年にマグニチュード(M)8級の地震が相次ぎ、衝撃で隙間ができたことが引き金となり、押さえつけられていたマグマが南東側の山腹から爆発的に噴出したとみられるという。

 富士山の深部では低周波地震が起きており、地下でマグマがたまっているとみられる。産総研の 高田亮 (たかだ・あきら) 主任研究員は「南海トラフ地震など大きな地震が起これば、次の噴火を引き起こす可能性がある」と指摘している。

過去にさまざまな噴火「噴火のデパート」 

 富士山は出来てから約10万年で、国内の火山の中では比較的若い。山頂や山腹などさまざまな場所から多様な形式の噴火を繰り返しており、と呼ぶ専門家もいる。

 比較的最近といえる、奈良、平安時代にかけての 8~11世紀に 起きたのは、ハワイ島の火山でよく見られる「ハワイ式噴火」。爆発はなく、山腹の割れ目から流れやすい溶岩が大量に出た。

 この溶岩のもとになったマグマが、山体の岩盤を貫いた後に冷えて固まった岩脈は非常に硬い。富士山は山頂だけでなく山腹の多くの割れ目からも噴火し、山体は岩脈だらけになった。

 その結果、新たなマグマが容易に上昇できなくなって蓄積し、地震のショックで一気に放出されたのが約300年前の宝永噴火だという。「プリニー式噴火」と分類され、ローマ時代のポンペイを壊滅させたイタリアのベズビオ火山の噴火もこのタイプだ。

 約2900年前には東側の山麓で山体崩壊も発生、現在の山の姿を形作ったとみられている。

(共同通信)

プロフィール

永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

Author:永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

画家・永瀬宗彦の雑記帳です。

美術作品紹介→Homepage

詳細プロフィール→About.me

お問い合わせ→メール / Twitter / FB

検索フォーム