FC2ブログ

■メモ:三浦半島断層群の地震予測など(地震調査研究推進本部)

元の記事:http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/katsudanso/f037_miura-hanto.htm
地震調査研究推進本部 - 三浦半島断層群 から抜粋

 三浦半島断層群(みうらはんとうだんそうぐん)は、三浦半島の中・南部及びその周辺海域に発達する活断層群です。
 三浦半島断層群は、三浦半島の中・南部及び浦賀水道に分布しており、神奈川県三浦郡葉山町から横須賀市を経て浦賀水道に至る三浦半島断層群主部と、三浦市に位置する三浦半島断層群南部からなります。
 三浦半島断層群主部は、ほぼ西北西-東南東方向に並走する北側の衣笠・北武(きぬがさ・きたたけ)断層帯と南側の武山(たけやま)断層帯に細分されます。衣笠・北武断層帯の確認されている長さは約14kmですが、さらに両側の海域に延びている可能性があり、他のデータをもとに計算により求めると約22km以上の可能性もあります。武山断層帯の確認されている長さは約11kmですが、さらに両側の海域に延びている可能性があります。三浦半島断層群南部の確認されている長さは約6kmですが、さらに両側の海域に延びている可能性があります。
 断層群主部及び南部は、いずれも右横ずれが卓越する断層帯から構成されます。

三浦半島断層群f037_ichi_s

○断層群の過去・将来の活動
<過去の活動>
 三浦半島断層群主部は、過去の活動時期の違いから、北側の衣笠・北武断層帯と南側の武山断層帯の二つに分けられます。
 衣笠・北武断層帯の最新活動時期は、6-7世紀であったと考えられ、信頼度は低いですがその平均的な活動間隔は概ね1千9百年-4千9百年程度であった可能性があります。
 武山断層帯の最新活動時期は、概ね2千3百年前以後、1千9百年前以前であったと考えられ、その平均的な活動間隔は1千6百年-1千9百年程度であったと推定されます。
 なお、1923年大正関東地震の際に、武山断層帯の陸域部の東端付近で、地震断層が出現したことが知られていますが、地震断層が現れた範囲は1km程度とごく短い区間であることから、これは関東地震に付随した活動であり、武山断層帯固有の活動ではないと推定されます。
 三浦半島断層群南部の最新活動時期は約2万6千年前以後、約2万2千年前以前であったと推定されますが、その平均的な活動間隔は不明です。
<将来の活動>
 断層群主部は、最新活動時と同様に衣笠・北武断層帯と武山断層帯がそれぞれ別々に活動すると推定されるが、全体が一つの区間として同時に活動する可能性もある。
 衣笠・北武断層帯と武山断層帯が別々に活動する場合、衣笠・北武断層帯では、少なくともマグニチュードが6.7程度の地震が発生すると推定され、その時のずれの量は1m程度となる可能性がありますが、他のデータをもとに計算により求めると、マグニチュード7.0程度もしくはそれ以上、ずれの量が2m程度もしくはそれ以上となる可能性もあります。
 武山断層帯では、マグニチュード6.6程度もしくはそれ以上の地震が発生すると推定され、その時のずれの量は1m程度もしくはそれ以上となる可能性があります。
 なお、ここで示した両断層帯で発生する地震の規模及びずれの量の数値は、分布が確認されている範囲の断層長や平均的なずれの速度及び平均活動間隔との関係などをもとに推定したものです。断層がさらに両側の海域に延びている可能性を考慮して、地震規模及びずれの量がさらに大きくなる可能性を示しました。
 断層群主部全体が同時に活動する場合は、衣笠・北武断層帯が単独で活動する場合と同程度もしくはそれ以上の規模の地震が発生すると推定され、全体のずれの量も衣笠・北武断層帯が単独で活動する場合と同程度もしくはそれ以上となる可能性があります。この場合の長期確率はそれぞれが単独で活動する場合の長期確率を超えることはないと考えられます。
 本評価で得られた地震発生の長期確率にはそれぞれ幅がありますが、衣笠・北武断層帯、武山断層帯ともに、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の主な活断層の中では高いグループに属することになります。
 断層群南部は、全体が一つの区間として活動すると推定され、その際にはマグニチュード6.1程度もしくはそれ以上の地震が発生すると推定され、その時のずれの量は0.5m程度もしくはそれ以上となる可能性があります。
 なお、断層群主部と同様に、ここで示した南部で発生する地震の規模及びずれの量の数値は、分布が確認されている範囲の断層長をもとに推定したものです。断層が両側の海域にさらに延びている可能性があることを考慮して、地震規模及びずれの量がさらに大きくなる可能性を示しました。
 断層群南部は、平均活動間隔が不明であるため、最新活動後の経過率及び将来このような地震が発生する長期確率を求めることはできません。

○将来の地震発生の可能性
≪三浦半島断層群主部/衣笠・北武断層帯≫
 地震の規模  : M6.7程度 もしくはそれ以上
 地震発生確率: 30年以内に、ほぼ0%~3%  (地震発生確率値の留意点)
 地震後経過率: 0.3-0.8  (地震後経過率とは?)
 平均活動間隔: 1900年-4900年程度
 最新活動時期: 6-7世紀

≪三浦半島断層群主部/武山断層帯≫
 地震の規模  : M6.6程度 もしくはそれ以上
 地震発生確率: 30年以内に、6%~11%  (地震発生確率値の留意点)
 地震後経過率: 1.0-1.4  (地震後経過率とは?)
 平均活動間隔: 1600年-1900年程度
 最新活動時期: 約2300年前-1900年前

≪三浦半島断層群南部≫
 地震の規模  : M6.1程度  もしくはそれ以上
 地震発生確率: 不明
 平均活動間隔: 不明
 最新活動時期: 約26000年前-22000年前

 ※平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴い、地震発生確率が上記の値より高くなっている可能性があります。


○もしこの地震が発生したら
si_scale.gif


≪三浦半島断層群主部 衣笠・北武断層帯≫
 【詳細法震度分布】
≪三浦半島断層群主部 衣笠・北武断層帯≫f037_miura-hanto_1_s
【簡便法震度分布】
≪三浦半島断層群主部 衣笠・北武断層帯≫【簡便法震度分布】f037_miura-hanto_1_s
※図中の波線範囲は詳細法による解析結果

≪三浦半島断層群主部 武山断層帯≫
 【詳細法震度分布】
≪三浦半島断層群主部 武山断層帯≫詳細f037_miura-hanto_2_s
【簡便法震度分布】
≪三浦半島断層群主部 武山断層帯≫簡便f037_miura-hanto_2_k

≪三浦半島断層群南部≫
 【簡便法震度分布】
≪三浦半島断層群南部≫詳細f037_miura-hanto_3_k

プロフィール

永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

Author:永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

画家・永瀬宗彦の雑記帳です。

美術作品紹介→Homepage

詳細プロフィール→About.me

お問い合わせ→メール / Twitter / FB

検索フォーム