FC2ブログ

■喋喋2

何日かしてから、僕は自分の身体が今までと違っていくのが分かった。食欲もなくて、ただじっと身をすくめているのが楽だった。考えることすらおっくうだった。僕はすっかり変わった身体で、草の茎にしがみついて時間が過ぎるのを待っていた。すると、となりの草の葉の裏から声がした。

「やあ、君かい?このまえ会ったよね?」

声は変わっていたが、この前の彼だと思った。彼もすっかり変わった身体をして、草の茎にしがみついていた。

「いつだい、君は」

僕はやっぱり彼の質問の意味が分からなかった。「えっと」僕が考えていると、彼は言いなおした。

「そのさ、ちょうちょになるのはいつ?」

その言葉で初めて、僕は自分がちょうちょになることを知った。

「いや、その、わからないんだ」
「そうなんだ。君のまわりの人は不親切だね。その日までは物音立てずにジッとしていなくちゃならないんだよ」
「そうなんだ。でも何で?」

ほんとうに僕は何にも知らなかった。どうしてなんだろう。

「ほら、僕たちは今、動きが遅いからね。シッ静かに!アリが来た」

彼は下の地面を見ながら言った。僕もその方を見下げると、地面にはワラワラした黒い虫が歩いていた。

「あれ僕の父さんの仇さ」彼が言った。

黒い虫は、空からの光を鋭く輝かせながら草むらの奥へ行ってしまった。

「あれが彼の父さんの仇?何でだろう」

僕はむしょうに不安になって、さらに高い葉っぱの裏側に登った。

「じゃあね」

彼はそう言って葉っぱのあいだに消えていった。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

Author:永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

画家・永瀬宗彦の雑記帳です。

美術作品紹介→Homepage

詳細プロフィール→About.me

お問い合わせ→メール / Twitter / FB

検索フォーム