FC2ブログ

■蝶蝶6

僕はだんだん飛ぶのがおっくうになってきた。
みつの味もおいしくなくなった。
ある夜、白い月を見上げると彼がそこに飛んでいるような気がした。

「やあ」彼が話しかけてきた。
「飛べるかい?」

僕は月まで飛べるなんて思えなかった。でもフワリと身体が浮き上がった。どんどんウチが小さくなっていった。

「彼女・・・」

僕が気になって振り返ると、彼女もそばについてきていた。もうさびしくない。
ずーとずっと昇っているうちに、僕たちは白い月の光に重なって一緒に夜空を照らしていた。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

Author:永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

画家・永瀬宗彦の雑記帳です。

美術作品紹介→Homepage

詳細プロフィール→About.me

お問い合わせ→メール / Twitter / FB

検索フォーム