FC2ブログ

■論理構成の必然性

選択肢は物理的な諸条件が近づくことで提示される。諸条件の中には人間存在も含
まれる。近づかなければ提示されない。現状維持が基本的な状態だ。

選択肢の先の答えが常に不分明であることが、論理を形作る契機になっている。さ
もなくば論理は存在しない。その状況があれば、論理は不要なものになる。

物理的な諸条件が変化することは、いわゆる自然が常動ということだ。

常動な自然の中に、常動な人間が生きている。一方、それらは何れも自然であるこ
とを忘れるべきではない。

だから、論理は必然的となる。

選択肢は選ばれた方が間違っていたかどうかは、厳密には分からない。それは現実
の機会を逸したからだ。


--%3D_alternative+0009EBCD49257635_%3D
Content-Type: text/html; charset="ISO-2022-JP"


<br><font size=2 face="sans-serif">選択肢は物理的な諸条件が近づくことで提示される。諸条件の中には人間存在も含まれる。近づかなければ提示されない。現状維持が基本的な状態だ。</font>
<br>
<br><font size=2 face="sans-serif">選択肢の先の答えが常に不分明であることが、論理を形作る契機になっている。さもなくば論理は存在しない。その状況があれば、論理は不要なものになる。</font>
<br>
<br><font size=2 face="sans-serif">物理的な諸条件が変化することは、いわゆる自然が常動ということだ。</font>
<br>
<br><font size=2 face="sans-serif">常動な自然の中に、常動な人間が生きている。一方、それらは何れも自然であることを忘れるべきではない。</font>
<br>
<br><font size=2 face="sans-serif">だから、論理は必然的となる。</font>
<br>
<br><font size=2 face="sans-serif">選択肢は選ばれた方が間違っていたかどうかは、厳密には分からない。それは現実の機会を逸したからだ。</font>
<br>
<br>
--%3D_alternative+0009EBCD49257635_%3D--

プロフィール

永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

Author:永瀬宗彦 - Nagase Munehiko

画家・永瀬宗彦の雑記帳です。

美術作品紹介→Homepage

詳細プロフィール→About.me

お問い合わせ→メール / Twitter / FB

検索フォーム